カリネラ♪花日和

carinella.exblog.jp
ブログトップ

プリザ新作は和モダン



          9月のプリザーブドフラワー・レッスンの新作ができあがった
e0118654_1052524.jpg

                       タイトル 「花てがみ」

          プリザのアレンジというより生花を意識して洋でもなく和でもない
          あえて言うなら「和モダン」の雰囲気を出してみました。

          今回のアクセントはフレシキブルベースという左側の網状になったネット

          曲線と直線の組み合わせを出すために使った資材ですがアレンジの邪魔を
          せずでも存在感があって効果的です。

          レッスンは9月9日、9月17日  詳しくはサンケイリビング千葉へどうぞ




          今年は仕事の都合で連続して夏休みが取れなかった夫

          昨日最後に1日残った夏休みが取れて
          「絵を観に行きたい」というのでパソコンで検索してみる(こんな時かなり便利だ

          東京国立近代美術館でゴーギャン展が開かれているので出かけてみました。
e0118654_113838.jpg

          絵画鑑賞が好きです。

          絵画の勉強をしたわけでもなく詳しい解説もできませんがただ美術館に
          足を運び名画の前にジッとたたずむそれだけでも心が豊かになった気分になる

          以前ゴッホの絵を観に行ったとき夫が「教科書に載ってた絵だ!! すげぇ~」
          と呟いていたがまさに私もこの程度の感想です。

          ゴーギャンもまた難しい言葉では伝えられないし説明できません。

          「何でこんなに脚を太く描くんだろう?」とか「足が大きすぎないか?」などと
          ド素人の感想を持ちながらもその色使い力強さは翌日になっても
          強く記憶されています。

          この記憶がきっと何かの拍子に別の形で私自身に現れるのだと思うし
          小さな感動が心の中に積み重なっているのだと信じています。



          我々はどこから来たのか   我々は何者か   我々はどこへ行くのか

 




ランキングに参加しています。
応援を宜しくです!!
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ

プリザーブドフラワーのネットショップはカリネラ♪イマージュ         
[PR]
by sharifa-image | 2009-08-27 11:29 | プリザーブドフラワー | Comments(14)
Commented by oss102 at 2009-08-27 15:47
私もクリムトの次にゴーギャンが好きです。力強いし人間の原点のような気迫が私に馴染めます。
Commented by 鶴子 at 2009-08-28 01:25 x
【アクセントはフレシキブルベースという左側の網状になったネット】
えっ、どれどれ? そんな資材があるのですか。
豊かな発想が感じられる作品ですね。
油絵は、ほんの少しかじった時期があるのですが、
解説などできませ~ん。
美術の教科書に載っていた絵を、実際に観たときの感動、それ
分かるような気がします。
あぁ、生絵(こんな言葉ないか・・)だぁなんてね。
Commented by Hana at 2009-08-28 02:00 x
そう、足が太いです(笑)
ピカソが最も幸せだったと言われる時期の絵も、足が太いです。
私は勝手にそれを生命力だと思っています。

我々はどこから来たのか   我々は何者か   我々はどこへ行くのか
それを問いながら・・皆絵を描き続けていたのでしょうね。

アレンジ素敵ですね★秋の匂いがしてきそう。
Commented by koharufuku at 2009-08-29 08:09
本物の絵の前に立つと、たとえ静かな絵でも迫力を感じますよね。
私も絵のことはよく知らないのですが、ときどき見に行きたくなるのはその迫力を体感したくなるからだと思います。
Commented by sharifa-image at 2009-08-29 09:40
oss102さん
>人間の原点のような気迫
おっしゃるとおり凄味さえ感じる気迫を体感してきました。
自分自身にもパワーが宿る気がします
Commented by sharifa-image at 2009-08-29 09:48
鶴子さん
フレシキブルボードは左の紫色の蘭のすぐ下にカーブしてある
物がそうです。 色は濃い茶色なんですけどわかるかな~?

小さな感動の積み重ねが大事なんですよね
それには難しい解説は必要ないです。
Commented by sharifa-image at 2009-08-29 09:52
hanaさん
そうか「生命力」なんだ!!
さすがhanaさん説得力のある説明です。
確かに生きるということを感じられる絵でしたし私は土といか地球の奥底に潜む物を感じました。
Commented by sharifa-image at 2009-08-29 09:55
koharufukuさん
美術館の静けさは独特ですね
声はしないのに人の移動する音と絵から発する気迫だけが
充満しています。
Commented by chobin-mama at 2009-08-30 11:30
秋らしい深い色合いで・・・
ラインも素敵なアレンジですね♪
シャリファさんのご自宅は、いつも、素敵なお花で飾られているのかなぁ・・・と、想像してしまいました。
確かに。教科書に載っていた絵を観ると、感動しますよ。
子どもの頃から不思議に感じていたピカソの絵を観たときは、感激しましたし、教科書に小さく載っていた絵よりも、すごくすごく大きい絵で、迫力でした。生に勝るものなしですよね。
Commented by reon-roses at 2009-08-30 20:55
sharifaさん、こんばんは~
わあ、すっかり秋のイメージのアレンジですね♪
シックな色合いがとっても素敵だし、形もすっきり♪
フレシキブルベースの上(?)の小さな紫のお花は何??

ゴーギャンの色と力強い線は見る者を圧倒しますよね?
生命力にパワーがもらえましたか?
私も見てみたくなりました^^
Commented by kumitin-nyanko at 2009-09-01 01:31
こんばんわ。
訪れてすぐ目に入ったアレンジを見て、わぁ素敵!と感激しました。
なんだか秋の気配の色合いですね。
あー早い早い。
私なんかも絵をみたところで詳しいことは全くわかりませんが、
見に行って感動するというのはたまにしたいなぁと思うのです。
とはいえ、行く余裕もありませんが。

↓うなぎ食べたい…
Commented by sharifa-image at 2009-09-01 21:46
chobin-mamaさん
我が家にはレッスン用の見本で作ったアレンジがたくさんあります。
プリザは長持ちするので季節に合わせて出し入れしているのですが
それでも収納に困ってしまいます。

本物を目の前でゆっくりと観れるというのが美術館の醍醐味ですね
パワーを貰ってきました。
Commented by sharifa-image at 2009-09-01 21:49
reonままさん
フレシキブルベースの上の花は蘭です。
正確にはアート素材のオンシジウムなんですよ  色が気に入りました。

ゴーギャンは想像してたより数倍も感動しました。
暑い中を行って良かったですしパワーをたくさん貰いました。
Commented by sharifa-image at 2009-09-01 21:52
kumitin-nyankoさん
秋を意識したアレンジなんですが気にいってくださりうれしいです。
確かに季節を先取りするので早いですがそろそろクリスマスの
アレンジも考えなければいけません。
あー早い早いです(笑

専門的に勉強しない限りは詳しいことはわかりませんね
でもただ「わっ~  すごい」それだけでも十分かもしれません。