カリネラ♪花日和

carinella.exblog.jp
ブログトップ

プリザのトピアリー


       「おくりびと」という映画がアカデミー賞の外国映画賞を受賞しましたね

       先に短編アニメが受賞というテロップがテレビに流れたので日本作品はもう
       選ばれないかなと思っていたら

       そんなことはなく発表直後から日本は大騒ぎです。
       去年のノーベル賞受賞時のように日本人として誇らしい気持ちが湧いてきます。


       でも私は残念ならがまだこの映画を観ていないのです。
        
       CGの映像が多くなってきて映画もずいぶん変わってきましたが「おくりびと」は
       優しい手作り感のある映画なのでしょうね


       そして本木さん、内田さんと樹希さんが舅姑ですよ!!
       別の意味であなたは凄いです。




                ☆ ♪ Σ ★ * : ☆ Σ ♪ ; *


       先週の土曜日は花教室イマージュのレッスン日でした。

       プリザーブドフラワーと生花のレッスンをしたのですが今日はプリザの作品
e0118654_14382186.jpg

       三又を脚にして丸いサハラ(花を挿す資材)にプリザーブドフラワーのバラと
       アジサイをメインにたくさんの材料を挿しこんでいます。

       球体になるように挿すって結構難しくて時折手を止め立ち上がり少し離れた
       場所からチェックするのがきれいに完成させるコツです。

       生花の作品は次にご紹介します。






      

いつも応援ありがとうございます。
ポチッとクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

[PR]
by sharifa-image | 2009-02-24 14:59 | プリザーブドフラワー | Comments(8)
Commented by chobin-mama at 2009-02-24 18:08
「おくりびと」新聞の一面をにぎわしていましたね。
二面・・・その他色々、たくさんの記事がありました。
所作が美しく、繊細な日本人らしさが出ている暖かい映画のようですね。
ぜひ、観てみたいです。
映像は美しそう・・・本でも読んでみたいです。言葉の美しさに触れられそうです。

ブリザ、たくさんのキュートが、きゅっと詰まっているようで、可愛いです。
見ていて、気持ちも明るくなりますね。

↓ シャリファさんも、花粉症なのですね。私は目が痒くなる事はないのですが、頭痛だったり吐き気だったり。咳だったり。ミントティーって、何に効果的なのでしょうか。
Commented by 鶴子 at 2009-02-24 23:13 x
ossさんのコメントにも書きましたが、年に2~3本しか観ない映画が
受賞したので、感激でした。

今回の作品は、すべてプリザなのでしょうか。
「イマージュ」という教室の名前、う~んその通りですね。
花を球状に挿す、という発想は、私には思いつきませんでしたが
何かの時に試してみたいです。 も~らい!!
Commented by Hana at 2009-02-25 01:06 x
お久しぶりです。
blogはいつも楽しみに拝見していますよ!

そうそう「おくりびと」は、嬉しいニュースでした。
ぜひ観たい映画です。
不器用にも真剣に取り組むことは、すごく幸せなんだなぁ・・と、今さら思い・・そんな意味でも嬉しかったですね。
そして、忘れ去られていた日本の美しいもの・・しかも時代劇じゃない!
本当の評価だと思いました。

今日のアレンジも素敵ですね!
いただいたリースは、ますます我が家にしっくりと馴染んでいますよ。
Commented by reon-roses at 2009-02-25 13:41
こんにちは~~~
「おくりびと」・・・題材が怖くて(笑)近寄りがたかったのですが、
そんなことはなさそうですね。
是非見てみたい映画です^^

球体に挿すのって難しそうです!
こんなにたくさん使われるとお高いのでは?、、、
って変な方に考えちゃいました^^;^^;
Commented by sharifa-image at 2009-02-28 10:20
chobin-mamaさん
このところまた寒くなりましたね
「おくりびと」は映像がとても美しいらしいので私もDVDが出たら観ようと
思っていますがちょっと母を思い出してしまうので怖いのです。

ミントティーは食後の消化を助けてくれたり殺菌作用があるそうです。
いつもお風呂上りに夫が入れてくれるのを飲んでいます。
Commented by sharifa-image at 2009-02-28 10:24
鶴子さん
そうでした!!  鶴子さんのブログでその事を記事にされていましたね
感動する映画にはめったに巡り合えないのにその1本がアカデミー賞を受賞するとは鶴子さんの眼力に感心しました。

このデザインはトピアリーといいます。
生花でもクリスマスアレンジなどで親しまれています。
是非チャレンジしてください。
Commented by sharifa-image at 2009-02-28 10:26
Hanaさん
時代劇じゃないというのは画期的なことですね
こだわるというのはパワーが必要ですが素晴らしい結果を生むのですね

Hana家に嫁いだリースを拝見するのが今から楽しみです。
Commented by sharifa-image at 2009-02-28 10:29
reonままさん
私は「おくりびと」を観るのにまだまだ時間が必要なんです。
どうしても母の納棺を思い出してしまう気がして・・・・
もう何年かしたらそっと観ようと思っています。

普通は2回でつくりあげるトピアリーなのですが生徒さんのご希望で
1回で制作しました。
私のレッスンはたぶん他の教室よりずっとリーズナブルだと思います。